テーマ:Gibson

相川らららin土佐町 Live

2017年11月19日 高知県の山間部にある土佐郡土佐町相川の相川シェアハウス体育館にて「相川らららin土佐町」Liveがあった。 主催の方(ジューンブライド)に声をかけてもらい参加となったのだが、何せ山間部。寒い!朝6時20分出発、7時過ぎ着。白々と明けた山の朝は吐く息も白く、肌寒い。しかしなんと空気のすがすがしい事か。その中8…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何年かぶりに・・・

何年ぶりだろう・・・多分30年ぶりだろうか・・・ 2017年4月29日にライブをした時に発表したオリジナルソングである。 POPな曲を作りたかったのだが・・・ アコギはGibson Southern Jumbo、ピックアップはハイランダーP-1。 手頃なライブハウスなら、GuildD-50くんで生音をマイク拾いし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Gibson Southern Jumbo その5

またしてもGibson・・・ 今回はサドル。前にも書いたけれど、プラから牛骨に変えた。1弦と2弦をプラと同じ高さで作ったところ音がおかしい。ローコードは問題なく鳴るが、4フレット以降が鳴らないのだ。4フレットで1~3弦を押さえて弾くと、ペチペチどころか、全く音にならない。これでは使いものならない(試しにプラに戻したがまったくもって…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

Gibson Southern Jumbo その4

久しぶりのブログ更新は、GuildではなくGibson・・・うーーーん 改めて思うのだが、やはりGibsonの音はクセになる。 Martinは超美人、Guildは美人、Gibsonはどちらかというと、美人ではないがなぜか惹かれる女性といった感じ(主観だが、これってもしかしてセクハラ?)。 Gibsonの音はオーケストラのよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Gibson Southern Jumbo その3

我がSJくん。 このギターにしたのにはいくつかの理由がある。 D-50くん、D-28くんともナチュラルフィニッシュで、指板もノーマル。 そうなると定番のJ-45だと指板は同じノーマルなので、本体の色しか変わる所がない。 やっぱりちょっと派手なのが欲しい。ヘッドのクラウンインレインとロゴもいい、指板のダブル・パラレログラムもい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Gibson Southern Jumbo その2

一通り文句とクリーニングが終わって、弦を張り替えた。 とりあえず、純正弦Gibsonのフォスファーである。さすがに張ったばかりは鳴る(そうかあの鳴らない感じの原因は弦で、さらにゲージがウルトラライトぽく、長く換えてないようだった)。 しかも音もでかい!D-50くんに負けないぐらいである。鳴らないように感じた原因はわかったが、さぁ本格…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Gibson Southern Jumbo その1

久しぶりのブログ更新。 4月のライブ以降、試験があり、仕事が忙しくなり、両親が病気になり、9月にもライブをして、やっと落ち着いた。 そして、Gibson Southern Jumboのオーナーに。 ブログ仲間の皆さんは「生涯の一本」を見つけているが、私は「ライブのための1本」である。 様々な事があり、大変良いオーナーと知り合…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more